工房Seiのオーダー靴は外反母趾など足の様々なトラブルを解消します


工房Seiの足が痛くない快適な靴とは

人それぞれに様々な足の形状が存在していて標準的な足ばかりではありません。

それを解決するには足のトラブル状態に合わせた靴木型を作ることが重要になります。

爪先、甲、踵そして幅や厚みなど足全体にフィットする細やかな靴作りが必要なのです。

 外反母趾の靴職人が手掛ける、世界で一つの痛くない靴をお作りします。

靴木型とは

 

高級靴の製作に使用されています。

 

オーダー靴は木型を使います。

 

市販の大量生産品は自動機なので木型は使いません。

 

  


靴製作の流れ

①デザイン決め、 足の採寸をさせて頂きます。

② 測定データを元に靴木型を修正、又は靴木型製作します。

 靴木型から型紙を起こし、フィッテイング用の仮靴をお作りします。

 足入れ確認をしてOKになりましたら本製作を進めます。

③ 本製作にて革カット縫製組立、底材を加工接着又は革底の手縫い。

 仕上げして完成となります。


外反母趾、開張足、タコなどを解消しながらデザインも気に入った靴をお作りいたします。

製作には約1カ月ほどですが、より日程が掛かることもございます。